[PR] 不動産担保ローン フリーのCMSが動く条件 | 素人ときどき玄人
<< ブログとホームページの違い (ブログ編) | main | 続:フリーのCMSが動く条件 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
フリーのCMSが動く条件
JUGEMテーマ:ウェブデザイナー

最近のホームページ制作依頼の傾向として、ちょっとした修正は自分でやりたいという方が増えてきました。
が、しかぁ〜し、ちょっとした修正でも「Wordのように文章を選択して削除して書き直してしゅ〜りょう♪」という訳にはいかないのであります。

仕組みを知らない多くの人たちはこのようなイメージを持っているようです。
残念ですが、そう簡単ではありませんで。。。


そんな方たちの救世主なのが


CMS(Contents Management System) 


なのであります!

まずはCMSとはなんぞやから。

簡単に言うと、Web上でホームページを管理、更新できるシステムのことです。

Dreamweaverやホームページビルダーをブラウザ上で使えるソフトのようなものをイメージしていただければ良いかと。
何が違うのかと言いますと、まぁ、ブラウザさえあればどのパソコンからでも使えちゃうところですね。
ですから、ソフトがなくても複数人で更新することも可能なんですねぇ。

開発側としても、ブログのようなホームページはページ更新作業(リンク先設定とか)が意外と面倒だったりするのですが、それも自動でやってくれるので楽ちんなのであります。

そんなありがたいシステムを無料で提供してくれる神様のような方々がいるんですよ!
感謝して、遠慮なく使いましょう♪

しかし、どれもシステムを動かす際の条件と言うものがあります。
これがいいな〜と思っていてもサーバ側のサービス条件と一致しないと使えないんです!!
私はダウンロードしてから「使えないやん」と、気づくという失態が続きましたので
ここらでリストアップしておこうと


concrete5
Ver 5.4.1.1.1
MySQL4.1以降、PHP5.2.0以降
(IE6は管理・編集ができないそうです)
※その他の使用条件はこちら

BaserCMS
Ver 1.6.8
MySQL4.1以降 or PostgreSQL7.4以降 or 不要、PHP4.3以降
※その他の使用条件はこちら

Joomla!
Ver 1.5.22
MySQL3.23x以降、PHP4.2以降
※その他の使用条件はこちら

Drupal
Ver 7.0
MySQL4.1以降 or PostgreSQL7.4以降、PHP4.3.5以降(5.2以降推奨)
※その他の使用条件はこちら
カテゴリ:ソフトウェア | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 10:16 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://befine.jugem.jp/trackback/111